【セルフコーチング①】自分が自分のコーチになる

8年程前に「Being source~源として生きる在り方」というセミナーを受講しました。

 

それ以前はCTIジャパンが提供するコーアクティブコーチングで実践的にコーチングを学んできた私でしたが、CTIが提供しているプログラムは体験学習であり、身体や感覚でコーチングを体得する手法なのだと感じていました。

 

 

体験学習の大切さは十分分かってはいるのですが、右脳を多く刺激されると、左脳も使いたくなってしまうもの。

何故、コーチングは効果があるのか?直接ビジネスに関係のない想いや気持ちが大切な本当の理由、など、ずっと知りたいと思っていたところでした。

その答えがこの「Being source~源として生きる在り方」(以下BSと略称)の中にあったのです。

 

BSの学びは本当に豊かでした。質問が体系化されている為、自分で自分をコーチングできるのです。

ここでは、そのBSの学びを経て、私自身がセルフコーチングしてきた事例を紹介していきたいと思います。

悶々とした悩みはあるけれど、コーチをつけるほどではない、と考えている貴方に届きますように。

 

 

第1回目の今日は、BSの基本的な考え方をお伝えします。

 

 

みなさん、突然ですが、「想い」が「実現する」には何が必要だと思いますか?

少し前に「思考は現実化する」といったタイトルの書籍もありましたね。

 

 

BSでは、「想いが現実化する」というのは

「現実を創造する源として存在する」

と考えています。

 

 

では、現実を創造するにはどうしたら良いのでしょう?

 

 

それは

 

 

「感情、思考、行動、言動」を一致させることです。

 

 

もう一度言います。

 

 

「感情、思考、行動、言動」です。

 

 

この4つ全てが一致してくると、「波動」が一貫してきます。

波動とは、オーラとかその人の持ってるエネルギーとか、そんな表現の方が伝わるでしょうか。

 

 

一貫した「波動」は大きな影響力となり、周囲を巻き込む強いエネルギーとなります。

 

 

「一貫した波動をもつ人」として、私がよく例としてあげる世界的なリーダーはマザー・テレサとアドルフ・ヒトラーです。

二人はとても対照的で分かりやすいので、よく例としています。

 

 

「愛」から感情を動かし、思考し、行動し、言葉を発したのはマザー・テレサです。「愛」による波動の一貫性に多くの人達が影響を受けましたね。

 

 

「恐れ」や「不安」「恐怖」といった感情から思考し、行動し、言葉を発したのはアドルフ・ヒトラーです。

その圧倒的に強い一貫性で、多くの人を恐怖で支配する大きな影響力となったのは歴史が表明しています。

 

 

この場はマザー・テレサやアドルフ・ヒトラーのように波動を一貫させて影響力の強い人になりましょう、という話では決してありません。

 

 

波動の一貫性というのは、それほどまでに影響力を持つという、ひとつの事例です。

 

 

では、どうしたら、「感情、思考、行動、言動」を一致させることが出来るのでしょうか?

 

 

それには「感情」がキーポイントになります。

 

 

例えば、新しい事業を始める際、徹底的したマーケティングで市場調査をして、行動も言動も一致していたのに、上手くいかない、なんてことはよくある話ですよね?

多くの方がすでに体験しているかと思いますが、どんなに完璧な準備で言動・行動を一致させ、思考を誤魔化せたとしても、「感情」は誤魔化せないものなのです。

ほんの少しの「不安」や「自信のなさ」から上手くいかなくなる、というのはよくある話です。

 

 

その「感情」のコントロールに必要なのが「コーチング」である、と私は思っております。

 

 

その「不安」や「自信のなさ」がどこからくるものなのか、もしかしたら、ただ癖になってしまっているだけの「思い込み」にすぎないかもしれません。

あるいは、「現実を直視しなさい!」というアラームが「不安」や「自信のなさ」という感情で気付かせてくれているのかもしれません。

そのほんの小さな「不安」や「自信のなさ」としっかり向き合うことで、事前に不安要素を払拭でき成功する、なんてこともあり得るのです。

 

 

コントロールが難しい、と考えられがちな「感情」としっかり向き合うことで、「想い」を「現実」に変えていきましょう。

 

 

今後、この「セルフコーチング」コーナーでは、自分でできる簡単な質問を紹介していきます。

まさに、自分が自分のコーチになる、のです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です