今年の動向(2019年2月4日~2020年2月3日)

今年(2019年2月4日~2020年2月3日)は

己亥(きどのいのしし)年です。

土性で陰の十干「己(きど)」と、

水性で陰の十二支「亥(いのしし)」が

組み合わさった干支です。

 

己は畑や田園を表し、

亥は小川、季節では冬を表します。

そのため、己亥は

「冬の畑」

というイメージです。

 

己亥年のポイントは以下の通りです。

 

◆大きな変転変化が起きる年

 

安定した「平和期」がある程度続くと、時代が大きく変わる「動乱期」がやってきます。

己亥年は、まさに時代と時代の節目、動乱期のような年になります。

「不安定な方が安定する」くらいの気持ちでいた方が成功します。

今までの平和期が終わり、次の平和期に向けて、種を蒔くときともいえるでしょう。

この時期は苗代の役割として、次の時代に向けて着々と準備することが成功の秘訣となります。

 

◆協働すること

 

今年は、人と寄り添い協働することで運気がのびる年となります。

そうすることで、多少の仕事の苦労はありますが、大きく飛躍する年となります。

 

前述の「動乱期」にも記述しましたが、時代の大きな変化が予想されます。

そのようなときには、家族や仕事仲間など、身を寄せ合い協力しあい助け合うことで、動乱期を良き意味で乗り越えることが出来るでしょう。

 

◆直感を信じる

 

とにかく今年は変転変化の年になります。

天皇の退位・即位が今年になったのも学問上、とても納得がいきます。

時代が大きく変化する節目の年に当たるのです。

 

そのようなときは、今までの常識ややり方では通用しなくなることが多々あります。

今まで以上に、より直感力が重要となってくるでしょう。

新しい風を読み、周囲の人達の心を読み、機運を読むこと。

周りへの気配り心配りも、今まで以上に心がけると良いでしょう。

過去のやり方やデータなどに拘らず、直感で「良い」と思ったことにたいし、

大胆にチャレンジしても良い年です。

 

◆誰にとってもラッキーカラーになるのが「深紅」です。

 

「深紅」とは深い赤、真っ赤な色です。

深紅のネクタイや、鞄、靴。あるいはワンポイントで取り入れてみてはいかがでしょう。

女性なら、深紅のネイルも素敵ですね。

赤い物を身につけることによって、財運、人脈が巡り、魅力が増していきます。

 

以上、己亥年で見たポイントです。

 

ご自身の天中殺や個人の運気など、

個人の宿命によってテーマは変わってきますが、

これらを心に置いてよりよい在り方を探求し、良い一年をお過ごしくださいますように。

 

感謝を込めて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です