今月の動向(2020年10月8日~11月6日)

今月(10/8~11/6)は丙戌月です。

火性で陽の十干「丙(へいか)」と、

土性で陽の十二支「戌(いぬど)」が

組み合わさった干支です。

丙は太陽や大きな火を表し、

戌は晩秋(黄昏時)の乾いた土を表します。

そのため、丙戌は「山の端に沈みゆく秋の太陽」

というイメージです。

丙戌月のポイントは以下の通りです。

◆張り子ではなく本物の虎に

今月は、起伏の激しい月になりそうです。

聡明さと感性の鋭さに磨きがかかりますが、

物事を進める力や始める力、勢いに欠け、

積極性や新しいものへの

取り組みにおいてためらいが生じます。

一方で自尊心は強く表出し、外見を飾り立てる

傾向にあります。

実際、自分の力量以上に見られるので、

結果起伏が甚だしくなります。

乗り切るポイントは、エゴや自分勝手な行為行動は抑え、

大望を抱くことなく、地に足をつけ

コツコツと努力を積み重ねることです。

置かれた環境が悪ければ悪いほど運気は伸びていきます。

こんな時こそ、周囲の人への心配りや気配りを意識してまいりましょう。

内面を磨き、名実ともに本物の虎となるには絶好の月と言えます。

ちなみに丙戌月においては、張り子であっても

寅は幸運をもたらしてくれるラッキーアニマルです♪

◆誠実であればこそ

社交性と協調性を発揮して、人とつながることで吉となります。

一人で物事を考えたり、実行するのはあまり得策とは言えません。

いかに合理的で効率的であったとしても、一人では所詮一馬力。

複数で取り組む強さと大きさと広がりがあり、

それゆえに創造される新たな価値は

一人で創造したもの以上にダイナミックになるでしょう。

しかし、人とのつながりが増えて関係性も深まると、

あたたかさに触れ、ぬくもりを感じ、可能性が広がりますが、

思い通りにならないことや理不尽な仕打ち、

信じた者からの裏切り、愛しい人との別れもあります。

一極二元論、陰陽は表裏一体。

良いことだけ、悪いことだけ、というものは存在しないのです。

だからこそ、良心に従い誠実に生きることに意味があります。

そもそも、誠実でなければ裏切られることはありません。

だまされるのとは痛みのレベルが違います。

相手を想い、寄り添い、信じると決めたから、

絶望の淵に立つことができるのです。

損得抜きでただひたむきに頑張って全力を尽くしたからこそ、

挫折を味わう権利を手にしたのです。

激しく傷つく人は、それだけ純粋で誠実な生き方をしてきたのです。

成長には痛みがともないます。

痛みを知るあなたが織りなす言葉が、声が、存在が、

いつしか誰かの傷を癒す布になることでしょう。

すべては、私たちの捉え方で決まります。

◆秋のさみしさが募り始める今月

自分への厳しさと正直さが頑固さとして出てしまいがちな今月、

もしかしたら後悔や自己嫌悪、無力さにうちひしがれる夜が

あるかもしれません。

人を信じることが怖くなり、

未来に希望を抱くことができなくなるかもしれません。

孤独な闘いに疲れた時は、

どうか自分を責めずに、自分に優しくしてあげてください。

一般的な価値観が絶対的に正しいわけでは決してありません。

逃げていいし、やめてもいい。

負けていいし、投げ出していい。

喜びと悲しみを繰り返し、諦めそうになる心に抗いながらも、

闘い続けるあなたに心からの敬意を評します。

そして、ふと、

時折、この美しい世界を、眺めて見てください。

あなたは一人っきりでないことを思い巡らせてみてください。

今世めぐり逢えた皆様に、心からの感謝を込めて。

◆2020年秋の土用丑の日は、10月25日と11月6日です。

今月は2回ウナギが食べられます!運気UPを!!

ご自身の天中殺や運気など、
個人の宿命によってテーマは変わってきますが、
これらを心に置いて今月の過ごし方の参考にしていただければ幸いです。

長文読んでくださり、ありがとうございます。

感謝を込めて

※掲載にあたってはお師匠様の許可を頂いているものです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です