今月の動向(2018年12月7日~2019年1月5日)

今月(12/7~1/5)は甲子(こうぼくのね)月です。

 

木性で陽の十干「甲(こうぼく)」と、

水性で陽の十二支「子(ねすい)」が

組み合わさった干支です。

 

甲は樹木を表し、

子は海や大河、季節では真冬を表します。

そのため、甲子は

「水の上に立っている木」

というイメージです。

 

甲子月のポイントは以下の通りです。

 

 

◆初心に戻る

 

六十ある干支の中で、一番最初になります。

世の中の混沌としたこと、理不尽・不条理なことを浄化し、

新しいものをスタート、またはリスタートするという月になります。

 

一般論として、良くも悪くも人はこれまでの人生体験から、

行動傾向や心のクセがでてしまいます。

望む結果につながっていない古い考えや習慣を見直し、

初心に戻る機会と捉えることがポイントです。

 

 

◆幸せは玉堂星(智徳)の世界にあり

 

玉堂星は智徳本能を表しており、学問・勉学を司っています。

幸せとは知的な者、教養を持つ者のみが感じることができるという、

陰陽五行論の格言があります。

同じ経験をしても、同じ景色を見ていても、

教養のある者とない者とではその感じ方が全く違ってきます。

 

過去の経験やたくさんの感動的なものに触れ、

感性を磨いていくことで幸せを感じることができます。

 

 

◆他者をサポートする

 

常に動き続けるような環境に身を置き、

我慢強くコツコツと努力する月です。

 

また、多忙となる年末年始ではありますが、

自分のことはいったん脇においてでも、

他者のためにサポートをしたり力を尽くすことで運が上がっていきます。

 

 

以上、甲子月のみで見たポイントです。

 

これらを心の何処かに置いて過ごしていただければ幸いです。

 

ぜひ意識されてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です