今月の動向(2019年1月6日~2月3日)

今月(1/6~2/3)は乙丑(おつぼくのうし)月です。

木性で陰の十干「おつ(おつぼく)」と、

土性で陰の十二支「うし(うしど)」が

組み合わさった干支です。

 

乙は草、蔦、蔓を表し、

丑は田畑、季節では晩冬を表します。

そのため、乙丑は

「雪の大地にたたずむ草」

というイメージです。

 

乙丑月のポイントは以下の通りです。

 

◆選択と継続

 

今月は、興味・関心の向くままあちこち手を出すのではなく、

1つに絞ってしっかりと深く探究していくことで吉となります。

 

また、短い期間で結果を出そうとすると苦しくなる傾向がありますので、

長く積み上げていく意識を持てるかどうかがポイントとなります。

自分の中の狭い考えに固執するのではなく、視野を広げ、

幅広い可能性を追求するとよいでしょう。

 

 

◆中庸を意識する

 

中庸とは、陰と陽のバランスが取れている状態です。

やりすぎず、やらなさすぎず、「適度な状態を保つ」。

 

今月は、自分にとっての適度な状態を探すのにとてもいい時期です。

陰陽五行論の教えとしては、中庸を探すには振り子でいうところの両極端を体験し、

その振り幅が大きければ大きいほど中庸を見極めることができ、

さらにその幅の大きさが魅力であると説いています。

頭で考えるだけではなく、枠を超えての行動を心がけてみるのもよいでしょう。

そうすることで、自分にとっての中庸を見いだせるかもしれません。

 

 

◆あたたかさを取り入れる

 

乙丑の別名「雪中の草」という名のとおり、

意識的にあたたかさを加えることで人生が進みやすくなります。

 

あたたかさとは、くよくよしないで物事を前向きに捉えていくことです。

想いをわかちあうこと、あわてずゆったり構えること、人を楽しませ自分も楽しむこ

となど、

何か一つでも取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

◆土用丑の日

 

2019年冬の土用丑の日は、1月28日(月)です。

うなぎを食べて、我々にとっての新年に備えましょう♪

 

 

以上、乙丑月のみで見たポイントです。

 

 

これらを心の何処かに置いて過ごしていただければ幸いです。

ぜひ意識されてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です