今月の動向(2019年6月6日~7月6日)

今月(6/6~7/6)は庚午月です。

金性で陽の十干「庚(こうきん)」と

火性で陽の十二支「午(うまび)」が組み合わさった干支です。

庚は鉄、岩石、斧を表し、午は太陽、巨火、季節では真夏を表します。

そのため、庚午は「真夏の鉄、溶鉱炉の金」というイメージです。

庚午月のポイントは以下の通りです。

 

 

◆自分と向き合う

 

庚(金)は鍛えられることによって本来の役割を果たしていきます。

金属は熱せられ叩かれて刃になり、人の役に立つことができるのです。

庚午月は、精神的な試練が強く与えられる可能性があります。

自分の生き方・人生の目的を探究していくことで運が伸びていきます。

私の使命は何か?

私の生きる喜びは何か?

自分と向き合うことは、時として痛みをともなうものです。

 

今月、苦労は多くなるかもしれませんが、

知的な方面に活躍をすると、地位を得るとも言われています。

主体的な行動が道を開いていきますが、

つい攻撃性や気の強さも出やすくなります。

一つひとつ丁寧に心配りをしながら前進するとよいでしょう。

 

 

◆明るく楽しく美しく

 

帝王学の格言には「苦しい時こそ笑いなさい。微笑みなさい。」とあります。

孤独やツラさがあっても表面に出さず、それどころかむしろ笑顔でいるのです。

そうすることで、結果、周りの人も楽しませ、明るくし、

肯定的なエネルギーを振りまけば、

豊かな人間性を形成していくことになるでしょう。

 

今月は陽の火性が組み合わさった月なので、

特に笑いや楽しさを与えることを意識するとよいでしょう。

ユーモアはyou more、あなたをもっともっと輝かせるはずです。

庚午には美しさも内在しています。

夏の陽気にまかせてはしゃぐのではなく、

知性や気品といった内面からの美しさも磨いていきましょう。

 

 

◆異性に注意

 

夏は開放的な気持ちになりますが、

今月は異性を見る目がちょっと曇ってしまうかもしれません。

恋愛は勢いも大切ですが、冷静さも大切です。

季節がら、開放的になりすぎてしまう、という方は、

第三者の意見を聞くことをオススメします。

恋愛に限らず、庚午は他者の力を借りることで運が伸びることも。

信頼できる人に意見を求めてみるのもひとつです。

 

以上、庚午月のみで見たポイントです。

 

 

ご自身の天中殺や個人の運気など、

個人の宿命によってテーマは変わってきますが、

これらを心に置いてよりよく生きて頂ければ幸いです。

 

 

読んで頂き、ありがとうございます。

 

感謝を込めて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です