運気アップ術④ 年末年始にやりたい大事なこと

きっと毎年、年末にはこのことをお伝えするのだと思います。

 

算命学/陰陽五行論を学んで7年目。

 

毎年、お師匠様から頂いている課題です。

 

 

それは

 

 

 

「両親に感謝の気持ちを伝えること」

 

 

 

ただ、「ありがとう」と伝える。

 

 

この「ありがとう」は何かを貰ったり、

やってもらったお礼ではなく、

 

ただただ、「存在」に「ありがとう」と伝えるのです。

 

 

 

そう考えると、とてもシンプルなことなのに、

難しく感じるかもしれませんね。

 

 

「産んでくれて、育ててくれてありがとう」かもしれませんし、

「お父さん、お母さんの子供に生まれて良かった。ありがとう。」

かもしれません。

「お父さん、お母さん、生きていてくれて、ありがとう。」

かもしれません。

 

 

少し、恥ずかしい気持ちになったり、

関係性によっては、とてもそんなことできない!

と感じられる方もいらっしゃるでしょう。

 

 

けれど、「伝えたくても伝えられなくなる時」は必ずやってきます。

 

 

大切なことを大切な人に伝えられる時に、ぜひ伝えて欲しいのです。

 

 

もし、ご両親のどちらかがご存命で無ければ、片親でも構いません。

 

ご両親がすでに他界されている方であれば、兄弟姉妹に伝えても構いません。

 

それも叶わないとしたら、御霊に「ありがとう」と念ずるだけでも良いのです。

 

 

 

できれば、対面で、面と向かって。

 

帰省が出来なければ、電話や手紙でも良いのです。

 

 

以前、私のコーチにこんなことを言われました。

 

「人が変わろうと決心したとき、

実はほんのちょっと角度を変えるだけで良いんだ。

だけど、そのほんのちょっとを継続して、

その、ずっと先は今までとは違うステージにいるのが分かる。

航海中の船は、ほんのちょっと角度を変えるだけで

目的地を変えることが出来るのと同じように。」

 

 

この言葉がとても印象に残っているのは、

私が信条としていることに近かったからと思います。

 

 

人は「変わりたい」と思った瞬間から変わることができます。

 

それは、例えば、転職する、引っ越しする、結婚する、離婚する、というような

大きなライフイベントを起こさなくても、

自分自身の内側をほんの少し変えるだけで良いのです。

 

 

両親や家族に「ありがとう」を伝えること。

 

 

それも、そのひとつのきっかけになると思うのです。

 

 

 

だから、特に、日頃離れて暮らしていて、

ほとんど実家に帰省されていない方ほど、試してみて欲しい。

 

 

 

きっと、清々しい晴れやかな新年のスタートになることと思います。

 

 

最後に、毎年年内最後の授業で流してくれる映像をご紹介します。

 

大橋卓弥さんの「ありがとう」です。

https://m.youtube.com/watch?v=pEZQ_IwvK2M

 

 

長文、読んでくださりありがとうございました。

 

※掲載にあたってはお師匠様の許可を頂いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です