2月の動向(2022年2月4日~3月4日)

 

今月(2/4~3/4)は壬寅月です。

2022年2月4日からスタートした今年も「壬寅」年です。

また、2月18日は「壬寅」日です。

物事の始まりと言われる「壬寅」がこれだけ集まるのは、

珍しく希有で貴重な必然と感じてしまいます。

 

さて、改めて、今月を見ていきます。

 

水性で陽の十干「壬(じんすい)」と、

木性で陽の十二支「寅(とらぼく)」が

組み合わさった干支です。

 

壬は大海、大湖を表し、

寅は初春を表します。

そのため、壬寅は「春の海」 というイメージです。

 

壬寅月のポイントは以下の通りです。

 

 

◆こだわりを捨て、新たなる出発を!

 

水性の陽である壬は大海であり、波は絶えず姿を変え、

二度と同じ姿を見ることはできません。

 

同じでありえないのは、海も仕事も人間も同様です。

万物に共通の不変的で絶対的な存在などありはしないのです。

 

過去の成功体験のこだわりを捨て、

今の自分の正しさを手放し、

自分の生きている領域、安全地帯を超えていくことです。

 

壬寅月は「夢」の月です。

見かけは穏やかに静かに見えていても

内なる情熱は燃え続け、

チャンスを虎視眈々と狙っている、

まさにジャングルの中の孤高な虎そのものなのです。

 

こだわりは捨てても、

挑戦と情熱は失われるわけではありません。

 

例え困難な状態にあったとして、自分を信じ続けること、

そのように積み上げていった本物の自信は、

やがて徐々に運気が開けていくきっかけになるでしょう。

 

◆物事の胎動、新しい出発点

 

壬寅は物事の胎動、新しい出発点の意味があります。

胎動とは、胎児が母体の中で動いている様です。

新しい物事が、内部で動き始め、

内部の動きが表面化し始める、そんな時期になるでしょう。

 

新しい何かが生まれる時には、苦しみや痛みが伴います。

ですが、その苦しみや痛みの向こうには、

大きな祝福や喜びが待っているのです。

 

そして、内部で動いているその存在は、

もしかして、まだまだ未熟かもしれません。

生まれたての赤ちゃんを真綿でくるむように、

新しい時代の変化の種を大切に丁寧に育てていきたいものです。

 

その為には、周囲との融和が重要になっていきます。

新しく生まれるその存在は、

あなた一人では抱えきれないかもしれません。

周りの人と協力して支え合って、

優しく大切に育てていく、そんな存在なのです。

 

 

◆謙虚に、綺麗に生きる!

 

壬は、まだ冷たさの残る濁水です。

壬寅月は本来、新芽を育む時期ですが、

濁り水では草木を育むことはできません。

 

水を適温にあたため、ろ過し純粋な水にする必要があります。

ここで大切なのは、焦らず急がず、手間を惜しむことなく、

徐々に適温にし、濁りを除去するのです。

 

実は、「壬寅」はパワーがある月です。

「思い」を「現実」にできる力を秘めています。

 

しかも、そのパワーは単独、一人で起こすことができる強さなのです。

 

だからこそ、注意したいのが

自分の「エゴ」や「傲慢さ」です。

 

パワーで成し得たものは、今まで築きあげてきたものを

破壊するエネルギーを持っています。

 

力が強いからといって、コツコツと積み上げてきた大切なものを

一瞬で壊してしまっては、本末転倒です。

 

だからこそ、焦らず急がず、手間を惜しむことなく、なのです。

 

その為には、まず自分の中にある「謙虚さ」を思い出しましょう。

自分の存在は「他」があるからこそ、だということを思い出し、

実直に丁寧に、コツコツと大切に育んでいくことから始めるのです。

 

以上、壬寅月のみで見たポイントです。

 

ご自身の天中殺や運気など、個人の宿命によってテーマは変わってきますが、

これらを心に置いてよりよい生き方・在り方の参考にして頂けますと幸いです。

 

長文お付き合い下さり、ありがとうございます。

 

感謝を込めて

 

※掲載にあたってはお師匠様の許可を頂いているものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。