今月の動向(2019年5月6日~6月5日)

令和元年の初月(5/6~6/5)は、己巳月です。

土性で陰の十干「己(きど)」と火性で陰の十二支「巳(みび)」

が組み合わさった干支です。

 

己は田園を表し、巳は灯火、季節では初夏を表します。

そのため、己巳は「夏の始まりの田園」というイメージです。

己巳月のポイントは以下の通りです。

 

 

◆インプットとアウトプットのバランスを保つ

 

己巳は乾いた田園なので、水と火のバランスが大切となります。

近年アウトプットの重要性が叫ばれておりますが、

それはそもそもの知識と体験があることが前提です。

火性(伝達本能)を動かさずインプットメタボになってもいけませんが、

知識だけでなく、体験からの学びこそ本質的な学びなのです。

机上の空論に止まらせず、日々、実践していくこと。

体現者として、表現することがとても大切です。

今月は、特に習得本能(水性)と伝達本能(火性)

の両輪を動かすことがポイントです。

その際に、知識だけでなく、体験すること、

さらにそれを体現者として表現することを意識しましょう。

そうすることで、己巳月の強い運勢の波にのることができるでしょう。

波乗りには、やはりバランスが大切になってきますね。

 

 

◆目下の面倒を見る

 

己巳月は、目下となる部下や子どもへの関わりにおいて抜群の力を発揮します。

面倒を見ると一言でいってもその対象もアプローチも様々ですが、

まずは身近にいる大切な人に、

その人にとって「力」や「栄養」になるような

肯定的な言葉がけを意識しましょう。

「面倒を見る」ということには、精神的な要素が含まれています。

アドバイスや押しつけではなく、

相手が抱えている面倒ごとが少しでも軽くなり、

安心感や有り難さを感じるような寄り添い方をしたいものです。

 

 

◆自立独立の志を堅くして

 

今月は、目上からの援助があまり期待できません。

逆に言えば自立する絶好の機会でもあります。

志高く自分との約束を守り、粘り強くコツコツと積み重ねることが、

自信となり自立につながります。

 

一方で、自立独立を意識すると自分にベクトルが向きがちになります。

行き過ぎると、自己中心的になってしまう懸念も。

巳は火性であり、礼徳を表します。

親しき仲にも礼儀あり。

いかなる時にも感謝の気持ちを持ちましょう。

そして、その気持ちをしっかり相手の方に伝えることです。

お礼は大事です。令和だけに。

 

以上、己巳月のみで見たポイントです。

 

感謝を込めて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です