運気アップ術③無形人脈を大切にすること

「人は有形のものに対する心と、無形のものに対する心

の二つをバランスよく持つことによって人生が安定する」

 

と算命学/陰陽五行論では考えています。

 

 

 

無形人脈を大切にすること。

 

 

無形人脈とは「形の無い人脈」です。

 

 

もうすでにこの世には存在しなくなった故人。

 

 

会ったこともないご先祖様。

 

 

そういった方達とも人脈をしっかり形成するのです。

 

 

すると、人生のバランスが取れるだけではなく、

理屈を超えた守られ方をしたり、運気が自然と向上していきます。

 

 

「こんな人と巡り会いたい!」「こんな仕事をしてみたい!」

といった想いが、どういうわけか、偶然に次ぐ偶然で叶ってしまう。

そんな体験をしたことはありませんか?

 

 

現実的には有り得ない、想像も出来ない、人智を超えた奇跡のような出来事。

こういった体験の多くは、私達の目には見えない世界で、

ご先祖様達が人脈を駆使して、出会わせて下さっている。

そうとしか、考えられないような体験は

本当に心が震えるような感動をもちますね。

 

 

では、どうしたら、無形人脈を大切にできるのでしょうか?

 

 

答えは至ってシンプルです。大きく分けて2つでしょうか。

 

 

まず一番大切なのは

 

 

 

「感謝をすること」

 

 

 

1日に1回、

 

心の中で「ご先祖様、いつも守って頂きありがとうございます」

 

と念じれば良いのです。

 

 

 

そして、もう一つは

 

 

 

「お墓参りをすること」

 

 

 

お盆やお彼岸、命日といった一般的なお墓参りの時期はもちろん

 

 

結婚や進学、就職、転職といった人生のライフイベントの

報告をするタイミングも良いでしょう。

 

 

また、特に変化のない日常であっても、もちろんOKです。

 

 

 

ここでお伝えしたいのが、お墓参りであっても、やはり

「感謝をすること」です。

 

 

ライフイベントがあれば、

「おかげさまで、就職することができました。ありがとうございます。」

「おかげさまで、人生のパートナーと出会い、結婚することが出来ました。

ありがとうございます。」

と、具体的な内容に感謝をすると良いでしょう。

「おかげさまで」の気持ちをこめて。

 

 

 

変わらない日常を送っているときであっても

「いつも守って頂き、ありがとうございます。」

「おかげさまで、衣食住に困ることなく生活できております。

ありがとうございます。」

といったことを感謝できるはずです。

しっかり感謝の気持ちをお伝えしましょう。

 

 

 

よくよく考えてみると、住むところ、食べることに困らず、着る物もある。

長い歴史の中で、これだけ平和期間が継続している。

 

 

それだけでも、本当に奇跡の連続で、充分に守られているではありませんか!!

 

 

 

とにもかくにも、まずは「感謝」をする。

これが本当に大切です。

 

 

 

最後に、注意したいことが1点。

 

 

 

困ったときにすがってしまう、依存してしまう。

 

 

 

「ご先祖様、どうか助けて下さい。」「ご先祖様、何とかして下さい!!」

と念じてしまうこと。

 

 

 

これはやめた方が良いでしょう。

 

 

 

ご先祖様の中にはとても純粋な方がいらっしゃいます。

 

 

 

「そうか。そんなに苦しいのか。それならば、こちらにいらっしゃい。」

 

 

 

ということで、寿命が縮まってしまうことも!!!!!!!

 

 

 

とにかく、無形人脈を大切にするのは「感謝」のみ!!

 

 

常に、感謝の気持ちを持ち続けましょう!!

 

 

 

長文読んで下さり、ありがとうございました。

 

 

 

感謝を込めて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です