今月の動向(2020年11月7日~12月6日)

今月(11/7~12/6)は丁亥月です。

火性で陰の十干「丁(ていか)」と、

水性で陰の十二支「亥(いすい)」が

組み合わさった干支です。

丁はロウソク、灯火(ともしび)などを表し、

亥は初冬の水を表します。

そのため、丁亥は「冬の水面に浮かぶ灯火」というイメージです。

丁亥月のポイントは以下の通りです。

◆神からの啓示

丁亥は、暗く冷たい水面に浮かぶ

今にも消え入りそうなロウソクの火です。

水に浮かぶ火というと、

灯籠流しのような幻想的な雰囲気を思い浮かべます。

その水が冬の夜の冷たい水であるならば、どうでしょう。

まさに風前の灯火とう状況ですね。

その今にも消えそうな火をどうにか保っている、

という状況が「神がかり」のような奇跡のようなものを感じさせます。

ゆえに、感性豊かに直感力がとても鋭く鋭敏になり、

創造的な閃きも冴える月になります。

それは特殊才能が表出しやすい、と表現しても大袈裟ではないと言えるのです。

その効力が及ぼす領域は多岐にわたり、

あらゆる分野において恩恵を受けていきます。

これまで見えなかったものが見え、

感じられなかったものが感じられます。

元来そのような才を保有する人は

より研ぎ澄まされることでしょう。

しかし万物は陰陽一極二元論、

見えたり感じたりするということは、

知らなくてもいいことを知ってしまうことでもあるので、

激しく葛藤し、傷ついてしまうかもしれません。

また、こういった特殊能力は

不安定な環境に在るとより引き出される傾向にあります。

平和で恵まれた環境だと発揮される力は弱まります。

逆に言えば、

心身ともに痛みを享受する不条理な環境に置かれたならば、

丁亥月の恩恵を存分に味わえるということです。

味わい尽くした先には、

今世生まれてきた役割が、果たすべき使命が、

一筋の閃光のごとく、魂を震わせる神の声として聞こえるかもしれません。

◆精神の進化・変化・成長

今月の運勢を開花させるポイントは、精神的な変転変化です。

意識変化と口で言うのは簡単ですが、

これまでの人生体験で刻まれたクセはなかなか抜けないものです。

慣れ親しんだ思考法やアプローチを手放すことには恐れが生まれるものです。

さらに、やっかいなのは、自分のことは自分では気づけないことです。

人の振り見て我が振り直せは、相当意識しないとできません。

であるならば、他者への注意や提言は、

ひるがえると自分にもその要素があると考えてみるのはいかがでしょうか?

「あなたと私は不二である。」とは帝王学の言葉ですが、

目の前にいらっしゃる方は自分自身を写す鏡のような物という考え方です。

人の粗がよく見えるということは、、、。

他者への注意や提言は、ひるがえると自分にもその要素があるものです。

私たちは傲慢さからつい忘れがちになりますが、

常に心に留めおきたいものです。

今見えている誰かの粗は、あなたへのお知らせ現象かもしれません。

◆非凡性のベクトル変換

平凡・無難・常識の枠の外に飛び出すことで吉となる月です。

日常生活やお仕事の中に思い切って誰もやらないようなこと(特殊性や異常性)

を取り入れてみましょう。

とはいえ、そのまま一般社会に受け入れられるわけではありません。

まはず特殊性を出していくことがオススメではありますが、

おかしな人や変な行動といった特殊性ではいけません。

浮世離れせずにしっかりと現実に立脚し、

人格や品性も兼ね備えているからこそ、

特殊性が創造性として、異常性が芸術性として認知されるのです。

そして非凡性の中にあって、真面目・勤勉・実直は一切矛盾しません。

むしろ、これらを非凡なまでに極めていくことほど、

貴いものはないかもしれません。

そして、そういった特殊性、異常性、非凡性は、

他者の役に立って初めてその真価となるのです。

ベクトルは自分ではなく、他者に向けましょう。

自分のエゴや達成感を味わうが為だけの能力では

価値を見いだすことはできないのです。

まったく逆に我が身は辛い思いをしても、

大切な人のために痛むことは厭わない、というのが帝王たる在り方です。

そういった人の存在感は感情を揺さぶるほどの影響力を持ち、

場を肯定的に包み込むエネルギーを放つことになります。

そういった意識が丁亥月としてのよりよい過ごし方となるでしょう。

以上、丁亥月のみで見たポイントです。

ご自身の天中殺や運気など、
個人の宿命によってテーマは変わってきますが、
これらを心に置いて今月の過ごし方の参考にしていただければ幸いです。

長文読んでくださり、ありがとうございます。

感謝を込めて

※掲載にあたってはお師匠様の許可を頂いているものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です