【セルフコーチング③】何故か上手くいかないことが続くとき

あなたは、どういうわけか上手くいかないことが立て続けに起き、

 

なかなか思うように物事が進まないときはありませんか?

 

 

 

そんなときは「恐れ」や「不安」から行動しているかもしれません。

 

 

 

恐れや不安から行動していると、

起こって欲しくない事柄を避けるようになるため、

どうしても内的緊張感を持ってしまいます。

リラックスした状態でいられないのです。

 

 

 

リラックスできない内的緊張感が続いてしまうと、

どうしても「リスク」の方に目が向き、

常に先の先を読んで、「リスク」を潰そうと思考してしまうのです。

その結果、永遠に終わらない「問題探し」になってしまいます。

 

 

 

「問題」は「問題探し」するところから始まるという訳ですね。

 

 

 

さて、それならば、どのようにすれば良いのでしょうか?

 

 

 

答えは簡単です。

 

 

「恐れ」や「不安」からの行動を逆に

 

「愛」や「安心感」からの行動に変えるだけなのです。

 

 

ほら、簡単ですね。

 

 

なんて、簡単そうに見えて、

 

 

じつは、実際にやってみようと思うと、これがなかなか難しい。

 

 

人間の脳はなんらかの嫌な現実に突き付けられた瞬間、

 

何万分の1秒という早さで「反応」してしまうからです。

 

 

 

 

例えば、仮に「あるお客様への営業活動がうまくいかなかった」とします。

その出来事を目の当たりにした瞬間、背筋に冷や汗のようなものを感じ、

「あ~、もうダメだ。今月は達成できないかもしれない。」という不安な気持ち

が先走り、その嫌な出来事を避けるため、

「何とかして、このお客さんの分を、他のお客さんで埋め合わせしないと・・・。」

と、焦って顧客リストを血眼になって見てしまう。

もちろん、そんな状態で営業しても、売れるわけがありません。

 

 

 

「恐れ」や「不安感」から行動するときの特徴は、

 

過去の体験や「思い込み」によって悪い方向へ「仮説」を立ててしまうのです。

 

その「仮説」が膨大化し、まだ決まっていない未来のことを「決めて」しまう。

 

この流れを何万分の1秒という早さでやってしまっているのですから、

 

自分としては、無意識・無自覚なわけです。

 

もはや「行動」ではなく「反応」といった方が良いかもしれません。

 

「恐れ」や「不安感」からの行動は「習慣化」しやすいこともうなづけます。

 

 

 

 

では、どうしたら良いのでしょうか?

 

 

 

 

それはズバリ、「問題意識」から「目的意識」に変えることです。

 

 

 

「過去」の経験則による「問題・脅威」探しをやめて、

 

「未来」を描いて、自分にとって力となる「ビジョンや夢」

を「目的」とするのです。

 

 

 

先ほども述べたように、問題・脅威から発想すると、

どうしても「内的緊張」が起こり、身体が堅くなったり、

呼吸が浅くなったりしてしまいます。

 

 

 

 

ビジョンや夢といった「目的」から発想すると、

 

自分の内側から「情熱」が沸いてきて、

そのビジョンや夢が「コミットメント」に変わっていきます。

 

そうすると、ドキドキわくわくした気持ちで

手足が勝手に動き出すようなフロー状態も起きやすいのです。

 

 

 

 

「目的意識」に変えるときには「ビジョン・夢」

を描くような問いを持つことです。

 

 

 

例えば、

 

「自分は本来、何を目指したいんだろう?」

 

「この仕事で達成したい夢はなんだろう?」

 

「この商品を売ることによって、どんな未来を描きたいんだろう?」

 

「私が本当に実現したい夢はなんだろう?」

 

「私が本当に実現したい未来は?」

 

「どうすることが、みんなにとって良いことなんだろう?」

 

「そもそも何のために、この仕事をやっているんだろう?」

 

「より良い世の中にするために、自分にできる目の前のことは何だろう?」

 

例のように、思考を「未来」や「ビジョン・夢」の方向にシフトさせるのです。

 

 

 

 

または、ストレートに

 

 

「この仕事は、わたしにとって、どんな目的があるだろう?」

 

と問いても良いかもしれません。

 

 

 

 

それでは、改めて復習します。

 

 

 

上手くいかないことが立て続きに起きてしまうときは、

 

 

 

何かの出来事→恐れや不安の感情が湧き上がってくる→内的緊張感

→未来に対して否定的な解釈→嫌なことを避けようとする

→自分の本領が発揮できず思うような結果を出せない

→結果、何らかの出来事が再び起こる

 

 

といったループを繰り返しているわけです。

 

 

しかも、上記の状態を無意識・無自覚にやってしまっている。

 

 

だとしたら、気付きやすいポイントである「嫌なことを避けようとする思考」

 

 

から転換していき、「目的意識」に変えていきましょう。

 

 

 

よほどの根深い「思い込み」でない限り、

多くの場合、この方法でクリアできるので試してみてくださいね。

 

 

 

長文、読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

 

感謝を込めて。

【セルフコーチング②】同じ思考から離れられないとき

みなさんは、同じ考えが頭をグルグルしてしまい、

なかなか離れないと感じるときはありますか?

 

例えば、馬の合わない上司との関係性であったり、

夫婦や親子関係の悩み事であったり、

自分にとって嫌なことを言われたときのセリフだったり・・・。

 

 

同じ思考から離れられない体験は、多くの方が経験していることと思います。

 

 

そんなとき、どのようにしたら、その思考から離れられるのか、

セルフコーチングするときに、とても有効なシンプルな質問をご紹介します。

 

 

それは、本当に至ってシンプル

 

 

同じ考えが頭から離れなくなったとき、

 

 

「この考えは私にとって、「力」や「栄養」になっているか?」

 

 

と問うてみるだけです。

 

 

いたって簡単ですね。

 

 

「Yes」「No」で答えられる選択質問であるため、

瞬時に「Yes」「No」で答えられるのも良いところ。

 

 

「Yes」であれば、その考えをしてもかまわないでしょう。

「No」であるにも関わらず、

それでもグルグルしてしまう場合は逆に質問してみます。

 

 

「この考えをもつことで、私は「力」を奪われていないか?」

 

 

これらの質問についての注意事項は

あくまでも「思考」に焦点を当てること。

 

 

人・事象・環境に焦点をあてないことです。

 

 

例えば、馬の合わない上司との関係性で悩んでいたとします。

 

 

「上司は私にとって、「力」や「栄養」になっているか?」

「この上司のもとで、私は「力」を奪われていないか?」

 

 

と質問すると、自分の人生は「相手次第」「環境次第」になってしまいます。

 

 

それでは、コーチングのそもそもの目的からずれていきます。

コーチングは自分に「力」を取り戻すために行われるべきだからです。

 

 

例えば、こんな風に言い換えて見ると違いが分かると思います。

「上司と馬が合わないという考えを持つことは、

私にとって「力」や「栄養」になっているか?」

あるいは

「この上司と馬が合わないという考えを持つことは、

私から「力」を奪っていないか?」

と問いを立てるのです。

そうすると、こたえが「No」の場合、自ずと「力」や「栄養」に感じるような見方・考え方を探したくなるものです。

 

 

例えば、

 

 

「上司と馬が合わないと考えるよりも、馬が合わない上司であっても良好な関係性を築くにはどうしたら良いのだろう。」

であるとか、

「今後、同じようなタイプの人と協働関係を築くためにも、今、この上司で苦手意識を克服しよう。」

といった具合です。

選択肢や可能性が広がり、自ずとパワーが戻ってくるのが伝わりますでしょうか?

この質問のポイントは、焦点を思考に当てること。

そうすると、自分の人生、「自分次第」で、いかようにも変えられる気がしてくるのです。

 

 

同じ考えが頭をグルグルしたときのシップルな問い、ぜひ試してみてくださいね!

 

 

長文、読んでくださり、ありがとうございます。

【セルフコーチング①】自分が自分のコーチになる

8年程前に「Being source~源として生きる在り方」というセミナーを受講しました。

 

それ以前はCTIジャパンが提供するコーアクティブコーチングで実践的にコーチングを学んできた私でしたが、CTIが提供しているプログラムは体験学習であり、身体や感覚でコーチングを体得する手法なのだと感じていました。

 

 

体験学習の大切さは十分分かってはいるのですが、右脳を多く刺激されると、左脳も使いたくなってしまうもの。

何故、コーチングは効果があるのか?直接ビジネスに関係のない想いや気持ちが大切な本当の理由、など、ずっと知りたいと思っていたところでした。

その答えがこの「Being source~源として生きる在り方」(以下BSと略称)の中にあったのです。

 

BSの学びは本当に豊かでした。質問が体系化されている為、自分で自分をコーチングできるのです。

ここでは、そのBSの学びを経て、私自身がセルフコーチングしてきた事例を紹介していきたいと思います。

悶々とした悩みはあるけれど、コーチをつけるほどではない、と考えている貴方に届きますように。

 

 

第1回目の今日は、BSの基本的な考え方をお伝えします。

 

 

みなさん、突然ですが、「想い」が「実現する」には何が必要だと思いますか?

少し前に「思考は現実化する」といったタイトルの書籍もありましたね。

 

 

BSでは、「想いが現実化する」というのは

「現実を創造する源として存在する」

と考えています。

 

 

では、現実を創造するにはどうしたら良いのでしょう?

 

 

それは

 

 

「感情、思考、行動、言動」を一致させることです。

 

 

もう一度言います。

 

 

「感情、思考、行動、言動」です。

 

 

この4つ全てが一致してくると、「波動」が一貫してきます。

波動とは、オーラとかその人の持ってるエネルギーとか、そんな表現の方が伝わるでしょうか。

 

 

一貫した「波動」は大きな影響力となり、周囲を巻き込む強いエネルギーとなります。

 

 

「一貫した波動をもつ人」として、私がよく例としてあげる世界的なリーダーはマザー・テレサとアドルフ・ヒトラーです。

二人はとても対照的で分かりやすいので、よく例としています。

 

 

「愛」から感情を動かし、思考し、行動し、言葉を発したのはマザー・テレサです。「愛」による波動の一貫性に多くの人達が影響を受けましたね。

 

 

「恐れ」や「不安」「恐怖」といった感情から思考し、行動し、言葉を発したのはアドルフ・ヒトラーです。

その圧倒的に強い一貫性で、多くの人を恐怖で支配する大きな影響力となったのは歴史が表明しています。

 

 

この場はマザー・テレサやアドルフ・ヒトラーのように波動を一貫させて影響力の強い人になりましょう、という話では決してありません。

 

 

波動の一貫性というのは、それほどまでに影響力を持つという、ひとつの事例です。

 

 

では、どうしたら、「感情、思考、行動、言動」を一致させることが出来るのでしょうか?

 

 

それには「感情」がキーポイントになります。

 

 

例えば、新しい事業を始める際、徹底的したマーケティングで市場調査をして、行動も言動も一致していたのに、上手くいかない、なんてことはよくある話ですよね?

多くの方がすでに体験しているかと思いますが、どんなに完璧な準備で言動・行動を一致させ、思考を誤魔化せたとしても、「感情」は誤魔化せないものなのです。

ほんの少しの「不安」や「自信のなさ」から上手くいかなくなる、というのはよくある話です。

 

 

その「感情」のコントロールに必要なのが「コーチング」である、と私は思っております。

 

 

その「不安」や「自信のなさ」がどこからくるものなのか、もしかしたら、ただ癖になってしまっているだけの「思い込み」にすぎないかもしれません。

あるいは、「現実を直視しなさい!」というアラームが「不安」や「自信のなさ」という感情で気付かせてくれているのかもしれません。

そのほんの小さな「不安」や「自信のなさ」としっかり向き合うことで、事前に不安要素を払拭でき成功する、なんてこともあり得るのです。

 

 

コントロールが難しい、と考えられがちな「感情」としっかり向き合うことで、「想い」を「現実」に変えていきましょう。

 

 

今後、この「セルフコーチング」コーナーでは、自分でできる簡単な質問を紹介していきます。

まさに、自分が自分のコーチになる、のです。