今月の動向(2019年11月8日~12月7日)

今月(11/8~12/7)は乙亥月です。

 

 

木性で陰の十干「乙(おつぼく)」と、

水性で陰の十二支「亥(いのしし)」が

組み合わさった干支です。

 

 

乙は草花を表し、

亥は冬の小さな池を表します。

そのため、乙亥は「冬の浮き草、水上寄生の木」

というイメージです。

 

乙亥月のポイントは以下の通りです。

 

 

◆新しいチャレンジに吉

 

 

乙亥月は、自ら不安定な中に飛び込む事が吉になります。

 

今まで誰も取り組んでこなかった

全く新しいことをスタートさせるのに、良い月と言えるでしょう。

 

スタートをさせるのに良い月だからといって、

何もかもが思い通りにスムーズにいく、という事とは違います。

新しいチャレンジというのは、追い風、向かい風、浮き沈み、

良いことばかりではなく、あらゆる苦労や困難も待ち受けているものです。

そのような浮き沈みを受け入れ、一喜一憂でず、

「不安定な方が安定する」くらいのドーンとした気持ちでいると

心が強くなり、希望の扉が開いていきます。

 

 

 

  • 学問、芸術を楽しむ

 

乙亥月はとても頭の回転が早くなる月でもあります。

 

論理性に磨きをかけるのにいいタイミングです。

 

学問の秋、芸術の秋、といわれるように、

秋の夜長を自分を高める勉学に集中してみるのはいかがでしょう。

 

 

 

◆風邪に気をつける

 

暦では初冬にあたり、日々寒さが増してきています。

体調の変化も気をつけたいところです。

風邪はひき始めのうちに、しっかり養生しましょう。

 

また、乙亥月は隠れた持病が表に出やすい月でもあります。

ただの風邪だと甘く見ず、少しでも様子がおかしいと感じたら、

信頼できる医師に診てもらうことも大切です。

風邪の症状に隠されていた持病を発見するかもしれません。

 

 

 

以上、乙亥月のみで見たポイントです。

 

 

 

ご自身の天中殺や個人の運気など、

個人の宿命によってテーマは変わってきますが、

これらを心に置いてよりよい在り方を探究していただければ幸いです。

 

 

 

長文読んでくださり、ありがとうございます。

 

 

 

感謝を込めて。

今月の動向(2019年10月8日~11月7日)

今月(10/8~11/7)は甲戌月です。

 

木性で陽の十干「甲(こうぼく)」と、

土性で陽の十二支「戌(いぬ)」が

組み合わさった干支です。

甲は大木を表し、

戌は晩秋の乾いた土を表します。

そのため、甲戌は「落葉の樹木、秋山の木」

というイメージです。

甲戌月のポイントは以下の通りです。

 

 

◆体力の消耗に注意

 

甲戌月は、肉体的に疲れやすくなります。

体力が課題となりますので、エネルギーの消耗に気をつけましょう。

反面、学問や芸術、哲学世界においては、独自の領域を発揮できます。

今年は、スポーツの秋というより、芸術の秋を楽しむとよいかもしれません。

とはいえ、運動をしないほうがいいということではありません。

甲戌月は、 あたたかさを加えることで運気が上がります。

運は動より生ず。

健康のためにも、運気上昇のためにも、体を動かすことは大切です。

やりすぎるとエネルギーが枯渇して動けなくなりますので要注意です。

運動以外でも、温かい飲み物を飲んだり、湯船につかるなど、

体を冷やさない工夫を心がけてみてください。

 

 

◆きっかけづくりを

 

今月は、物事を始める『きっかけ』づくりやスタートに関わると良い月です。

頭の回転が速くなるので、初期段階でのトライ&エラーを試す機会にしても。

みんなで一緒にやるのではなく、ひとまず一人でがむしゃらに動くところ

から始めるのがのが吉です。

成功の反対は失敗ではなく、何もしないこと。

変転変化が求められるこの時代に、

まだこの世にない価値が生まれる月になるかもしれません。

 

 

◆秋を美味しく楽しむ

 

前述の「あたたかさ」の加え方を、伝達本能である火性(鳳閣星・ 調舒星)の

観点で捉えると、旬の食べ物を美味しくいただくことや、

秋独特の繊細な季節のうつろいを楽しむこともよいと解釈できます。

 

今月は秋の土用で、丑の日は31日(木)です。

季節の変わり目で、体力に課題の出やすい月ですので、

鰻などのスタミナのつくものを食べるのはとてもおすすめです。

さらに、いつもとは違った秋を堪能するプランを

立ててみるのもいいかもしれません。

 

以上、甲戌月のみで見たポイントです。

 

ご自身の天中殺や個人の運気など、

個人の宿命によってテーマは変わってきますが、

これらを心に置いてよりよい在り方を探究していただければ幸いです。

 

長文読んでくださり、ありがとうございます。

 

感謝を込めて。

今月の動向(2019年9月8日~10月7日)

今月(9/8~10/7)は癸酉月です。

 

水性で陰の十干「癸(きすい)」と

金性で陰の十二支「酉(とり)」が

組み合わさった干支です。

癸は 雨、露、小川、真水を表し、

酉は季節では仲秋を表します。

そのため、癸酉は「秋の山中のきれいな石の間から湧き出る水」

というイメージです。

とても清らかで美しいですね。

癸酉月のポイントは以下の通りです。

 

◆神社仏閣を訪れる

 

癸酉月は、信仰や家系に縁が深い月となります。

神社仏閣をめぐったり、先祖供養のためお墓参りをすることで、

運気の流れが良くなり、聡明さが発揮されることとなります。

 

現実世界での有形人脈を豊かにするためには、

精神世界における無形人脈(ご先祖様)を意識することが大切です。

9月は秋彼岸があります(9/20~26)。

秋分の日を中心とした前後7日間は、

昼と夜の陰陽の調和がとれる期間です。

この期間にお墓参りをするのはもちろんのこと、

神社仏閣を参拝して無形の波動を浴びながら、

ご先祖様や大いなる存在に想いを馳せ、

自分自身と向き合う機会にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

◆筆をとり文章に親しむ

 

とても清らかな美しい水である

癸酉月は、文筆活動として発揮されやすい月です。

芸術の秋でもありますし、智徳本能(玉堂星世界)を体験する絶好の機会です。

ご自身の想いを詩にしてみたり、写経をしてみたり、

芸術・美学な領域は、理屈で凝り固まった頭を非論理へといざないます。

忙しい日常を少し離れ、気持ちに言葉を与えてみるのもひとつです。

メールも悪くないですが、ひと手間かけて手紙にするのもいいかもしれません。

 

 

◆品性を磨く

 

思考力も知識の吸収力も高まる月ですが、

ふとすると自分のためにその力を行使してしまうことがあります。

品性なき知性は、ずる賢さや攻撃性につながります。

自分と異なる価値観を受け入れるのは容易ではありませんが、

多様性を重視した考え方が主流になっている昨今、

品性を厳格さに偏らせず、無駄余暇遊びを取り入れられる余裕をもちましょう。

品格ある土台の上にあるものは、自然と美しさがにじみ出るものです。

言葉に、所作に、存在そのものに、磨いた品性を生かしてまいりましょう。

 

 

以上、癸酉月のみで見たポイントです。

 

ご自身の天中殺や個人の運気など、

個人の宿命によってテーマは変わってきますが、

これらを心に置いてよりよく生きていただければ幸いです。

 

長文、読んでくださり、ありがとうございます。

 

感謝を込めて。

今月の動向(2019年8月8日~9月7日)

今月(8/8~9/7)は壬申月です。

水性で陽の十干「壬(じんすい)」と

金性で陽の十二支「申(さる)」が組み合わさった干支です。

壬は大河や海を表し、申は季節では初秋を表します。

そのため、壬申は初秋の海を表します。

壬申月のポイントは以下の通りです。

 

 

◆行動すれども忍耐強く

 

壬申月は、活発に行動できる月です。

行動は循環を生み、エネルギーがスムーズに流れていきます。

ただし、必ずしも即座に結果がでるとは限りません。

目先の利益に捕らわれず、コツコツ積み上げることが吉となります。

不安や恐れからの行動は、良い結果に繋がりません。

成果だけでなく、評価を求めるとエゴが生まれ、

壬申の綺麗さを濁してしまうかもしれないのです。

濁りは時として舌禍(ぜっか(舌・言葉による災い、))

として現れ、自他ともに傷つきますので、

信じて待つこともうまくいくポイントです。

邪気払いとして、旬の桃を食すのもおすすめです。

 

 

◆夏を楽しむ

 

暦の上では初秋ですが、世間はまだまだ夏休みです。

海水浴やバーベキューなど、

この時期を思いっきり満喫してはいかがでしょうか。

また、お盆の帰省や仲間とのキャンプなど、夏ならではのイベントは

日頃から感じていること、考えていることを周囲の方に伝える、

とても良い機会となるはずです。

想いを分かち合うということは、伝達本能の火性が動き、

温かみが増してきます。よって、人も集まってくることでしょう。

壬の純粋性と知性を最大限に発揮するには、

より多くの人が周りにいることで影響力がでるのです。

 

 

新しいことや興味や関心があるものを始めてみるのもオススメです。

行動力が知識を増やし、新しい価値の創造につながります。

 

 

以上、壬申月のみで見たポイントです。

 

より良く生きる指針として参考にして頂けたら嬉しく思います。

読んで下さり、ありがとうございます。

 

感謝を込めて。

今月の動向(2019年7月7日~8月7日)

今月(7/7~8/7)は辛未月です。

金性で陰の十干「辛(しんきん)」と

土性で陰の十二支「未(ひつじど)」が組み合わさった干支です。

辛は宝石を表し、未は乾いた土、季節は夏を表します。

そのため、辛未は「からからに乾いた熱い土に埋まった宝石」

というイメージです。

辛未月のポイントは以下の通りです。

 

 

◆水のエネルギーを最大活用する

 

辛未月は、綺麗な真水を取り入れることで輝きが増していきます。

水をたくさん飲む、水に触れる、水を浴びる等をすることで、

自身の価値を表現しやすくなり、周囲からの評価も高まっていきます。

玉堂星的(古典や伝統的)な学びをすることでも同じ効果が得られます。

 

身体の内側や外側、心についたよからぬものを、

癸(きすい)の真水で洗い流すことによって、

誰もが持っている宝石が輝きを放っていく。

そんな様子を想像していただくとわかりやすいかもしれません。

とはいえ、水を求めすぎて水難事故などには遭わないようご注意ください。

 

 

◆アートな体験を

 

今月は、現実の激しい競争社会での生活からは一歩退き、

芸術や学術に触れ、精神的な素養を高めるのに最適な月です。

自然には季節や流れがあるように、自然から生まれた我々もまた、

そのリズムに合わせることで生きやすくなります。

陰陽五行論では、自然=神として生きる法則を見出しました。

使わない手はありません。

 

世間は夏休みに入ります。

非日常のアーティスティックな体験などいかがでしょうか。

学術面におきましても、真面目に堅く臨むよりは、

遊び心を入れて楽しく学んだ方が、学習効果も高まること間違いなしです。

 

 

◆一人の時間の使い方

 

単独で行動することが多くなるかもしれません。

誰に相談するでもなく、自分の意思と力量で

乗り切ろうとする傾向にあります。

そうすると、集団の中にいても自然と一人になりがちです。

一人は決して悪いことではなく、内省したり、

日頃の疲れを癒したり、誰にも邪魔されずに好きなことをしたり、

それはとても素敵な時間です。

しかし、一方で孤独を感じたり、置いてけぼりになりやすかったりしますので、

周囲への意識は切らさずに、一人の時間を楽しんでくださいませ。

 

 

今月は夏の土用ですね!

丑の日は、7月27日(土)です。

スタミナのつくものを食べて、次の季節に備えましょう♪

 

以上、辛未月のみで見たポイントです。

 

ご自身の天中殺や個人の運気など、

個人の宿命によってテーマは変わってきますが、

これらを心に置いてよりよい在り方を探究していただければ幸いです。

 

 

読んで下さり、ありがとうございました。

 

感謝を込めて

今月の動向(2019年6月6日~7月6日)

今月(6/6~7/6)は庚午月です。

金性で陽の十干「庚(こうきん)」と

火性で陽の十二支「午(うまび)」が組み合わさった干支です。

庚は鉄、岩石、斧を表し、午は太陽、巨火、季節では真夏を表します。

そのため、庚午は「真夏の鉄、溶鉱炉の金」というイメージです。

庚午月のポイントは以下の通りです。

 

 

◆自分と向き合う

 

庚(金)は鍛えられることによって本来の役割を果たしていきます。

金属は熱せられ叩かれて刃になり、人の役に立つことができるのです。

庚午月は、精神的な試練が強く与えられる可能性があります。

自分の生き方・人生の目的を探究していくことで運が伸びていきます。

私の使命は何か?

私の生きる喜びは何か?

自分と向き合うことは、時として痛みをともなうものです。

 

今月、苦労は多くなるかもしれませんが、

知的な方面に活躍をすると、地位を得るとも言われています。

主体的な行動が道を開いていきますが、

つい攻撃性や気の強さも出やすくなります。

一つひとつ丁寧に心配りをしながら前進するとよいでしょう。

 

 

◆明るく楽しく美しく

 

帝王学の格言には「苦しい時こそ笑いなさい。微笑みなさい。」とあります。

孤独やツラさがあっても表面に出さず、それどころかむしろ笑顔でいるのです。

そうすることで、結果、周りの人も楽しませ、明るくし、

肯定的なエネルギーを振りまけば、

豊かな人間性を形成していくことになるでしょう。

 

今月は陽の火性が組み合わさった月なので、

特に笑いや楽しさを与えることを意識するとよいでしょう。

ユーモアはyou more、あなたをもっともっと輝かせるはずです。

庚午には美しさも内在しています。

夏の陽気にまかせてはしゃぐのではなく、

知性や気品といった内面からの美しさも磨いていきましょう。

 

 

◆異性に注意

 

夏は開放的な気持ちになりますが、

今月は異性を見る目がちょっと曇ってしまうかもしれません。

恋愛は勢いも大切ですが、冷静さも大切です。

季節がら、開放的になりすぎてしまう、という方は、

第三者の意見を聞くことをオススメします。

恋愛に限らず、庚午は他者の力を借りることで運が伸びることも。

信頼できる人に意見を求めてみるのもひとつです。

 

以上、庚午月のみで見たポイントです。

 

 

ご自身の天中殺や個人の運気など、

個人の宿命によってテーマは変わってきますが、

これらを心に置いてよりよく生きて頂ければ幸いです。

 

 

読んで頂き、ありがとうございます。

 

感謝を込めて

今月の動向(2019年5月6日~6月5日)

令和元年の初月(5/6~6/5)は、己巳月です。

土性で陰の十干「己(きど)」と火性で陰の十二支「巳(みび)」

が組み合わさった干支です。

 

己は田園を表し、巳は灯火、季節では初夏を表します。

そのため、己巳は「夏の始まりの田園」というイメージです。

己巳月のポイントは以下の通りです。

 

 

◆インプットとアウトプットのバランスを保つ

 

己巳は乾いた田園なので、水と火のバランスが大切となります。

近年アウトプットの重要性が叫ばれておりますが、

それはそもそもの知識と体験があることが前提です。

火性(伝達本能)を動かさずインプットメタボになってもいけませんが、

知識だけでなく、体験からの学びこそ本質的な学びなのです。

机上の空論に止まらせず、日々、実践していくこと。

体現者として、表現することがとても大切です。

今月は、特に習得本能(水性)と伝達本能(火性)

の両輪を動かすことがポイントです。

その際に、知識だけでなく、体験すること、

さらにそれを体現者として表現することを意識しましょう。

そうすることで、己巳月の強い運勢の波にのることができるでしょう。

波乗りには、やはりバランスが大切になってきますね。

 

 

◆目下の面倒を見る

 

己巳月は、目下となる部下や子どもへの関わりにおいて抜群の力を発揮します。

面倒を見ると一言でいってもその対象もアプローチも様々ですが、

まずは身近にいる大切な人に、

その人にとって「力」や「栄養」になるような

肯定的な言葉がけを意識しましょう。

「面倒を見る」ということには、精神的な要素が含まれています。

アドバイスや押しつけではなく、

相手が抱えている面倒ごとが少しでも軽くなり、

安心感や有り難さを感じるような寄り添い方をしたいものです。

 

 

◆自立独立の志を堅くして

 

今月は、目上からの援助があまり期待できません。

逆に言えば自立する絶好の機会でもあります。

志高く自分との約束を守り、粘り強くコツコツと積み重ねることが、

自信となり自立につながります。

 

一方で、自立独立を意識すると自分にベクトルが向きがちになります。

行き過ぎると、自己中心的になってしまう懸念も。

巳は火性であり、礼徳を表します。

親しき仲にも礼儀あり。

いかなる時にも感謝の気持ちを持ちましょう。

そして、その気持ちをしっかり相手の方に伝えることです。

お礼は大事です。令和だけに。

 

以上、己巳月のみで見たポイントです。

 

感謝を込めて

今月の動向(2019年2月4日~3月5日)

今月(2/4~3/5)は丙寅(へいかのとら)月です。

火性で陽の十干「丙(へいか)」と、

木性で陽の十二支「寅(とらぼく)」が

組み合わさった干支です。

 

丙は太陽を表し、

寅は樹木、季節では初春を表します。

そのため、丙寅は

「春の太陽」

というイメージです。

 

丙寅月のポイントは以下の通りです。

 

◆前進力

 

今月は、前進力・発展性が加わるチャンスの月となります。

いつも前向きな姿勢でいることがポイントとなります。

 

ものごとのバランスを意識することで偏りがなくなり、

大きく前進することができるでしょう。

恵まれた月だからこそ大局的な視点での周りへの気配りを意識し、

我が身においてはひとえに努力を積み重ねてまいりましょう。

 

◆未完了を作らない

 

上手くいきすぎて細部への意識が散漫になるかもしれません。

結果におごることなく、目の前のことに最大限尽力することが大切です。

しっかりと地に足をつけて、一つひとつを完了させましょう。

 

◆すべてはうまくいっている

 

どうしても元気がでない時、明るくなれない時は少なからずあるものです。

しかし、すべての出来事に意味があります。

無駄なことは何一つとしてありません。

 

周りは順調なのに自分だけ取り残されている気がする。

よかれと思ってしたことがかえって迷惑をかけてしまう。

ベクトルが自分に向いているととかく苦しさを感じるものですが、

苦しい時こそ、ニコッと笑う。

陰陽の等価交換の原則であり、この上ない心の鍛錬となります。

 

 

以上、丙寅月のみで見たポイントです。

 

ご自身の天中殺や個人の運気など、

個人の宿命によってテーマは変わってきますが、

これらを心に置いてよりよい在り方を探究していただければ幸いです。

今月の動向(2019年1月6日~2月3日)

今月(1/6~2/3)は乙丑(おつぼくのうし)月です。

木性で陰の十干「おつ(おつぼく)」と、

土性で陰の十二支「うし(うしど)」が

組み合わさった干支です。

 

乙は草、蔦、蔓を表し、

丑は田畑、季節では晩冬を表します。

そのため、乙丑は

「雪の大地にたたずむ草」

というイメージです。

 

乙丑月のポイントは以下の通りです。

 

◆選択と継続

 

今月は、興味・関心の向くままあちこち手を出すのではなく、

1つに絞ってしっかりと深く探究していくことで吉となります。

 

また、短い期間で結果を出そうとすると苦しくなる傾向がありますので、

長く積み上げていく意識を持てるかどうかがポイントとなります。

自分の中の狭い考えに固執するのではなく、視野を広げ、

幅広い可能性を追求するとよいでしょう。

 

 

◆中庸を意識する

 

中庸とは、陰と陽のバランスが取れている状態です。

やりすぎず、やらなさすぎず、「適度な状態を保つ」。

 

今月は、自分にとっての適度な状態を探すのにとてもいい時期です。

陰陽五行論の教えとしては、中庸を探すには振り子でいうところの両極端を体験し、

その振り幅が大きければ大きいほど中庸を見極めることができ、

さらにその幅の大きさが魅力であると説いています。

頭で考えるだけではなく、枠を超えての行動を心がけてみるのもよいでしょう。

そうすることで、自分にとっての中庸を見いだせるかもしれません。

 

 

◆あたたかさを取り入れる

 

乙丑の別名「雪中の草」という名のとおり、

意識的にあたたかさを加えることで人生が進みやすくなります。

 

あたたかさとは、くよくよしないで物事を前向きに捉えていくことです。

想いをわかちあうこと、あわてずゆったり構えること、人を楽しませ自分も楽しむこ

となど、

何か一つでも取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

◆土用丑の日

 

2019年冬の土用丑の日は、1月28日(月)です。

うなぎを食べて、我々にとっての新年に備えましょう♪

 

 

以上、乙丑月のみで見たポイントです。

 

 

これらを心の何処かに置いて過ごしていただければ幸いです。

ぜひ意識されてみてください。

今月の動向(2018年12月7日~2019年1月5日)

今月(12/7~1/5)は甲子(こうぼくのね)月です。

 

木性で陽の十干「甲(こうぼく)」と、

水性で陽の十二支「子(ねすい)」が

組み合わさった干支です。

 

甲は樹木を表し、

子は海や大河、季節では真冬を表します。

そのため、甲子は

「水の上に立っている木」

というイメージです。

 

甲子月のポイントは以下の通りです。

 

 

◆初心に戻る

 

六十ある干支の中で、一番最初になります。

世の中の混沌としたこと、理不尽・不条理なことを浄化し、

新しいものをスタート、またはリスタートするという月になります。

 

一般論として、良くも悪くも人はこれまでの人生体験から、

行動傾向や心のクセがでてしまいます。

望む結果につながっていない古い考えや習慣を見直し、

初心に戻る機会と捉えることがポイントです。

 

 

◆幸せは玉堂星(智徳)の世界にあり

 

玉堂星は智徳本能を表しており、学問・勉学を司っています。

幸せとは知的な者、教養を持つ者のみが感じることができるという、

陰陽五行論の格言があります。

同じ経験をしても、同じ景色を見ていても、

教養のある者とない者とではその感じ方が全く違ってきます。

 

過去の経験やたくさんの感動的なものに触れ、

感性を磨いていくことで幸せを感じることができます。

 

 

◆他者をサポートする

 

常に動き続けるような環境に身を置き、

我慢強くコツコツと努力する月です。

 

また、多忙となる年末年始ではありますが、

自分のことはいったん脇においてでも、

他者のためにサポートをしたり力を尽くすことで運が上がっていきます。

 

 

以上、甲子月のみで見たポイントです。

 

これらを心の何処かに置いて過ごしていただければ幸いです。

 

ぜひ意識されてみてください。