【運気アップ術】「ただ在るのみ」という在り方と年末年始にやるといいこと

「ただ在るのみ」

これは、ある経営者が悟ったように吐き出した言葉で、

私にも忘れられない言葉になりました。

その経営者は、常にとてもにこやかで穏やかな表情の持ち主で、

丁寧に丁寧に言葉を紡ぐため、言葉のひとつひとつに重みがありました。

そんな方が、

「言葉というのは不便なもので、本当に伝えたいことの半分も伝わらない。

結局、行き着いたのは、「ただ在るのみ」ということ。

それが一番、みんな(社員)にとって良い。

経営者の仕事は「在る」のみなのかもしれない。」

とおっしゃったのでした。

これは、すごいな。

言葉に重みを込められる方であるのに、

その言葉を手放して、「ただ在るのみ」とおっしゃっている。

これだけ、心に響く言葉を発することができるのに、

言葉では半分も伝わらないのだ、とおっしゃる。

むしろ、ただ、そこに「在る」だけで、全てが伝わるような、

そんなオーラがある人は本当に強いんだろうな、と感じました。

そして、それは自分を律し続ける立派な人だけのものなのだろう、

とも思いました。

しかし、もしかしたら、「ただ在るのみ」というのは、

誰でもできることのようにも感じました。

特にあなたを特別に大切に想ってくれる人にとっては、

ただ「在る」だけで充分なのではないかと。

この「ただ在るのみ」の在り方を表現しているな~、

と感じる動画を紹介させて頂きます。

平井堅さんの「RING」という歌の動画ですが、

この動画に出てくるお父さんの存在が

まさに「ただ在るのみ」を表現しているように感じてなりません。

簡単に動画を説明すると、お盆の季節だと思うのですが、

バラバラに暮らしている家族が故郷に帰省するという設定です。

その中に、悩みを抱えたままに帰省した髭の男性と

お父さんがビールを酌み交わすシーンがあります。

なんかしら、言葉をかけたかもしれません。

でも、おそらく、それは一言二言で、

大袈裟なアドバイスのようなものではないように感じます。

その後、髭の男性は笑顔になっていくのです。

動画はこちらからご覧ください。↓

平井 堅 『Ring』MUSIC VIDEO – YouTube

ああ~、私もこういう歳のとり方をしたいな~、と思えたシーンです。

冒頭に紹介した経営者のような立場で

「ただ在るのみ」で影響を与えられるようになるのは難しいかもしれませんが、

このお父さんのように、子供達にとって、

「ただ在るのみ」で元気を取り戻せる存在になれたら、

私の人生大成功!なんじゃないかな、なんて考えてしまいます。

実は、この動画、とても大好きなのですが、

このコロナ渦で紹介するのは不謹慎なんじゃないか、

と悩んだのも事実です。

けれど、改めて歌詞を読んでみて、

あえて、今だからこそ紹介したいな、とも思えました。

平井堅の「Ring」の歌詞はこちらです↓

永遠に満たされぬ 孤独の影に怯えながら
いつか来る輝きを 求め人は歩き続ける

一度だけでもいい…喜びに声を上げ泣いてみたい

心の傷跡も 忘れられぬ過去も
その肩に積もる冷たさも ゆっくり溶けて流れゆく

本当は誰もみな 声にならぬ叫び抱えて
もがいては諦めて 今日という日を塗り潰してる

届かなくてもいい…心から愛の歌 響かせたい

彷徨う悲しみも やり切れぬ矛盾も
この空に浮かぶ虚しさも 時間(とき)が忘れさせてくれる

凍える瞳の奥が今 答えを求めてる
言葉にならずただ抱きしめた
震える唇 重ねた温もりを胸に…

心の傷跡も 忘れられぬ過去も
その頬を濡らす温もりが ほら輝きに変えるから
あなたの優しさが あなたの喜びが
その指を照らす微笑みが いつも2人を包むから

この歌詞を読みながら、改めて動画をみると、心に染み入ります。

こんな風に家族が集まって、わいわい食卓を共にするということは、

今となっては、奇跡のような幸せな光景だと感じてしまいます。

さて、年末年始の恒例になりました「運気UP術」ですが、

今年もお伝えしておきます!!

それは、

産んでくださった、あるいは育ててくださったご両親に

感謝の気持ちをお伝えする、ということです。

何かをしてもらった御礼を伝える、ということではなく、

ただただ、「存在」に感謝する、

ということがとても大事になります。

何か理由が必要でしたら、

「この世に産んでくれて、ありがとう」

「育ててくれて、ありがとう」でも構いません。

今世に命を授けてくださった、育ててくださった

ご両親に感謝の気持ちを伝える、それだけで、

2021年はとても良いスタートを切ることができるはずです。

できれば、直接会ってお伝えするのがベストですが、

電話でも構いません。

すでに、天に召されているようであれば、

お墓参りや仏壇に手を合わせてでも構いません。

それも難しいようでしたら、念(心の中で唱える)でも構いません。

私も毎年やっておりますが、

この年末はハードルをあげて、夫や子供達にも伝えたいな、と思います。

「こんな私を嫁にしてくれて、ありがとう。」

「こんなママのところに生まれてきてくれて、ありがとう。」

はぁ~、なんだか手に汗をかいてしまいます。

リアルすぎて言いづらいですね。

このエッジ、2020年最後のエッジと捉えて、超えたいです!!

いや、超えます!!

みなさまも、どうぞ良いお年を!!

長文、最後までお付き合いくださり、本当にありがとうございました。

感謝を込めて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です